一軒家

家の外壁塗装をプロに頼もう|施工費用をやすくできるコツを知ろう

艶ありのほうが汚れに強い

作業員

仕上げやカラーで違う

外壁塗装工事を行う上で気になるのは、どれくらい持つのかという点です。外壁塗装に用いる塗料の中で信頼性が高いのは樹脂系の塗料です。アクリル系、ウレタン系、ラジカル系、シリコン系、フッ素系となり、フッ素系が一番信頼性が高く高級な塗料になります。フッ素系の塗料は表面に形成されるフッ素樹脂被膜が水や油などあらゆる汚れから守ってくれ耐用年数が20年程度と抜群に長いのが京都で人気の理由です。しかしながら、フッ素系塗料の材料費はアクリル系の約3倍以上となり依頼主の負担になり得ます。また、屋根用の塗料でフッ素系塗料並みの耐用年数があるものが今は出ておらず屋根用の材料は耐用年数10年程度となっています。フッ素系を使うことで外壁を20年持たせても、その間に屋根は限界がきてしまいますから途中で塗装が必要になりますし、無理をして長期間メンテナンスをしていないと屋根は葺き替えやカバー工法で修復する必要も生じます。京都で長年実績のある塗装のプロがお勧めする外壁塗装はシリコン系塗料です。シリコン塗料の耐用年数はフッ素の半分〜1.5倍程度の10〜15年となり価格は半分程度となります。シリコン系の塗料で艶ありを選べば、表面は光沢があり汚れが付きにくくなります。また京都地方で日当たりのよい家屋は日差しによる劣化も発生しやすくなりますが、濃すぎず薄すぎずな色をうまく選べば日焼けによる色あせも回避しやすいです。外壁の外観は見た目だけでなく、見た目=建物に対する防御力になりますので美しくキープすることは大切となり、京都らしさを損なわない範囲で外壁塗装の際に選ぶ仕上げやカラーも重要です。